awsの運用代行会社は導入検討段階から比較しよう

パソコン11

awsを導入して運用していきたいときには、運用代行会社を導入検討段階で比較しておくのが大切です。既に導入済みの場合にも業者比較をしてから選ぶのは大切ですが、導入検討段階から比較をしておくべきなのはなぜなのでしょうか。

この記事ではawsの運用代行会社を比較するメリットについて多角的に紹介するのでぜひ参考にしてください。

awsの運用における研修の重要性と研修の方法

awsの運用代行会社とは

パソコン19

awsの運用代行会社についてまずは概要を確認しておきましょう。awsは導入した後、特に何も手を付けずに利用を続けられるわけではありません。クラウドサーバーを提供してもらう形になるので、そのサーバーの運用をする担当者が必要になります。

運用業務にもさまざまなものがありますが、特に重要なのが監視業務です。awsのサーバー自体やサーバー上に構築したプラットフォーム、アプリなどが正常に稼働するように監視をして改善を図る業務は安定して利用するためには不可欠です。

また、awsには可用性があるのが特徴で、例えばストレージが不足したときには自動的に拡張してトラブルが起こらないように対応してくれます。ただ、その分だけ費用が余計にかかることになるため、うまくストレージを整理して拡張せずに済むようにしなければ莫大な費用がかかってしまうことになりかねません。

awsではこのように費用面も考慮して、余計なコストがかからないようにしつつ、パフォーマンスを維持できるようにする運用も必要になります。awsの運用代行会社はこのような運用業務を代行してくれるのが特徴です。

自社でエンジニアを抱えて運用をしなくとも、基本的な部分は代行会社に任せてしまうことができます。awsの運用代行会社はもともとサーバー監視に強みを持っていたことが多く、監視業務に特化した代行サービスも依頼可能です。

運用負担を軽減するためには重要なサービスで、awsの導入段階でサーバー運用の経験がなかった会社では運用代行を依頼しているケースが多くなっています。awsの運用代行の需要が高まっている影響で、運用代行会社も数が増えてきました。

各社が全く同じサービスを提供しているわけではなく、用意しているプランにも料金にも違いがあります。そのため、自社にとって最適な運用代行会社を選んで依頼することが重要になっています。

運用代行会社の比較が重要な理由

awsの運用代行会社の比較が重要なのはコストパフォーマンスが依頼先によって異なるからです。この運用代行会社は良いですよという噂を聞いて、その会社に依頼をしても問題はないかもしれません。しかし、後になって他社の情報を入手したら、ほとんど同じサービス内容なのに料金がかなり安いという場合もあるでしょう。

おすすめされて依頼した運用代行会社のサービス内容があまりにも充実していて料金も高く、後になって見直してみたら格安な会社に依頼すれば十分だったと気付くこともあります。比較をしてみないと、運用代行会社のサービス内容が必要十分なのかを判断するのは困難です。

複数社のサービスを比較してみると、ある会社にはあって別の会社にはないサービスが見つかるでしょう。同じサービスでも料金が違うといったこともあります。このような違いを見ることによって、自社にとって必要なサービスが何かを客観的に考えられるようになります。

いかに優れているという噂の運用代行会社があったとしても、二社か三社くらいは比較をして、納得できるコストパフォーマンスになる依頼先なのかを検討するのが大切です。

比較の必要性が高まっている理由

awsの運用代行会社の比較は必要性が高まってきています。awsが注目され始めた頃はまだ運用代行会社は多くありませんでした。自社サーバーの運用代行をしたり、クラウドサーバーの監視代行をしたりする会社が事業拡張をしてawsにも対応したというくらいだったのです。

しかし、awsの利用者が増えてきた影響で、awsに特化した運用代行サービスも提供されるようになっています。対応可能な業者が増えると顧客獲得競争が繰り広げられるのは明らかでしょう。サービスの独自性を重視したり、料金を他社よりも安くしたりする業者が増えてきています。

運用代行会社の違いが大きくなってきたため、比較をする必要性がさらに高くなっているのが現状です。今までawsの運用代行会社として知名度が高く、多くの企業が選んできたところもあります。そのような運用代行会社を選んでおけば無難かもしれませんが、きちんと比較してみるともっと自社に合っているところを見つけられる可能性が高くなっています。

クラウド運用代行を賢く使って効率アップを

導入検討段階で比較した方が良い理由

パソコン15

運用代行会社を比較するのはawsの導入を終えてからでも良いのではないかと思うかもしれません。しかし、導入検討段階で比較をすることでコストパフォーマンスが飛躍的に上がります。awsの運用代行会社の中にはawsの導入サポートをしているところもあるからです。

導入は自社でできるという場合には、導入後に運用代行の依頼先を検討しても良いでしょう。しかし、導入も外部に依頼する場合には、導入から運用代行まで一貫して依頼できる会社を選んだ方がコストパフォーマンスが上がる可能性があります。

運用代行をする立場としては自社で構築した環境の方が詳細を熟知しているので簡単です。そのため、少ない工数で運用できる可能性が高く、運用コストを抑えやすくなります。

awsの導入サポートから依頼してもらえるから利益も多くなります。導入料金を安くしてくれたり、運用代行料金が割引になったりすることが多いのです。このような観点で導入検討段階から会社比較をすると、コストパフォーマンスを最大化できるでしょう。

目的を決めて比較しよう

awsの運用代行会社を比較するときには目的意識を持つことが重要です。何をしてもらうために依頼するのか、どんな環境を維持して欲しいのかを具体的に考えておきましょう。このような目的が定まっていると比較をしやすくなります。

サービス内容を比較するときにも、重要なのかどうかをすぐに判断できるので、問い合わせ先を速やかに絞り込むことが可能です。

awsの運用代行会社はできるだけ早めに比較しよう

awsの運用代行会社を利用する場合にはできるだけ早い段階で比較するのが大切です。サービスの独自性が高くなり、周辺業務も担う会社が増えてきているので比較する価値は大きくなっています。導入検討段階から比較をすると導入コストも加味して依頼先を決められます。

コストパフォーマンスをよく考えて目的に応じて最適な運用代行会社を選びましょう。

awsの運用における方針と方法の考え方