awsの運用における研修の重要性と研修の方法

パソコン1

awsのコストパフォーマンスを最大化し、安定して利用できる基盤を整えるためには研修を実施することが重要です。システムを構築して運用するだけなら特に研修はいらないのではないかと思うかもしれませんが、実は研修なしではコストパフォーマンスが上がりません。

この記事では重要性が高い理由と研修を実施する方法について紹介します。

awsの運用はエンジニアだけではできない

awsの運用はサーバーエンジニアがいれば十分なのではないかと思うかもしれません。確かに、自社サーバーを運用するときには担当するエンジニアが適切な運用をしていると、社員は特にサーバーの利用方法について意識する必要がありません。

エンジニアによって構築されたプラットフォームの使い方や、個別の業務システムの利用方法について学べば良いだけです。このようなシステムの使い方についても研修をしなければ、正しい使い方ができないのは確かでしょう。

ただ、awsの場合にはもう一歩踏み込んだ研修をすることが重要になります。自社サーバーを運用するときにはトラブルが発生しないように社内ルールを策定したり、システムの利用方法の説明の際に注意喚起をしたり、そもそもトラブルが起こらないようにシステム側を調整したりして対応することが可能です。

しかし、awsの場合には割り当てられた領域を利用してインスタンスを構築し、サーバーのようにして利用する仕組みになっています。そして、awsが提供している個々のサービスを利用するのが基本になり、サービスを使えば使うほどコストが発生します。

つまり、自社サーバーに外挿して考えると、サーバーを利用した量に応じたコストが発生するのがawsです。エンジニアがいたとしても利用量を根本からコントロールすることはできません。コストを抑えるための施策を立てて運用することはサーバーエンジニアにもできますが、絶対的な利用量が多いとエンジニアの努力でコストを抑えることは不可能です。

awsの利用コストが肥大化してしまって予算オーバーになる事態は避けなければならないでしょう。そのため、コストパフォーマンスを上げるための使い方を社員が学ぶことが必要なのです。参考リンク...AWS運用:CloudCREW

awsを社内利用するなら研修が効果的

awsの運用に関して特別な研修が必要かどうかは導入目的によって異なります。awsを社外サービスのためのサーバーとして使用し、エンジニア以外の人材がawsのサービスに触れないのであれば研修を実施する必要はありません。

サーバー上に構築したシステムを社内の人材が利用する場合には研修をして、効率的でコストパフォーマンスが上がる利用方法を周知するのが重要になります。研修を実施するかどうかによってawsを導入したメリットが大きく左右されるでしょう。

導入が完了した時点で実施するだけでなく、新入社員が入る度に利用方法の考え方を伝えることが大切です。

クラウド運用代行を賢く使って効率アップを

awsの研修の目的

awsについての研修を実施する目的は大きく二つに分けられます。一つはエンジニアによって構築されたaws上のプラットフォームやシステムを利用する方法やルールについて理解を促すことです。利用する社員に正しい使い方をしてもらえないとトラブルが発生する原因になります。

また、使い方がわからなくては利用が進まず、awsを導入した意義がなくなってしまうでしょう。マニュアルを作成しただけではなかなか手を付けてくれないことが多く、業務システムとして使わなければならない場合でも間違いをしてしまいがちです。

研修をして正しい理解を促し、スムーズに運用できる体制を整えるのが重要です。もう一つはawsに特化したコスト意識を持たせるための研修です。使用するストレージの量やシステムの利用にかかる通信データ量などによって課金される仕組みになっていることを周知するのが目的です。

運用上、無駄な利用を避けるようにしてもらわなければコストパフォーマンスが上がりません。具体的にどのような利用方法を避けるべきかをケーススタディで紹介するなど、工夫をして周知をするのが大切です。

awsの研修の実施方法はeラーニングが最適

awsの研修はどのように実施するのが効果的なのでしょうか。基本的にはシステムの使い方やルールの理解を促すための研修なので、eラーニングが良いでしょう。社員を全員集めて講義をしても頭に入る量は限られてしまいます。

eラーニングはテキストを読み、設問に答える形で進められるのでルールなどの理解が進むのがメリットです。eラーニングは一度作成してしまえばずっと使用できるため、新入社員が入ったときにも新たに説明の準備をする必要はありません。

入社したらeラーニングを期日までに受けて合格するというフローを作れば良いだけです。eラーニングのシステムは外注をして作ることもできます。awsに慣れている外注先に依頼すれば、awsのコストパフォーマンスを上げるための使い方についてはすぐに作成してもらえるでしょう。

社内用に構築したシステムの利用方法については別に作成する必要がありますが、ヒアリングを受けるだけでeラーニングのシステム自体は作成してもらえます。合わせて発注するとコストを抑えられるので検討してみると良いでしょう。

awsの運用代行を利用している場合の研修方法

もしawsの運用を代行会社に外注しているのなら、研修も依頼することが可能です。どの運用代行会社でも研修に対応しているわけではありませんが、サポート体制が整っている会社では対面でもeラーニングでも研修をしてくれます。

awsの課金システムに詳しいことに加えて、aws上に構築したシステムも熟知しているので研修の担い手として最適です。会社によっては運用代行サービスの一環として導入時の研修をしてくれることもあります。定期研修を実施したい場合には別料金になることが多いですが、eラーニングを作ってもらうことができれば運用するのは比較的簡単でしょう。

awsの運用代行を利用するときには研修の対応についても考慮するとコストパフォーマンスを上げられるのです。

awsの運用代行会社は導入検討段階から比較しよう

研修を実施してawsのコストパフォーマンスを上げよう

awsを運用する際にはサーバーエンジニアが努力するだけではコストパフォーマンスが上がりません。aws上に構築したシステムの利用方法だけでなく、awsのコストの仕組みの理解も促す研修を実施しましょう。eラーニングは研修方法として最適で、長期的な運用もしやすいメリットがあります。

運用代行を利用する際には研修サポートも受けられる場合があるので、念頭に置いてどこに依頼するかを考えましょう。